中高年の求職者必見!時間を無駄にしないために

中高年の求職者必見!時間を無駄にしないために

自分が応募できるのかどうかを見極める

求人広告を見つけた際に、多くの人は給料や休日、福利厚生はしっかりしているのかなどに目を向けるのでしょう。もちろんそれらも大切ですが、まずは自分が応募しても良い求人なのかを見極める必要があるのです。

中でも年齢に関しては慎重に考慮しておくべきです。

表向きには年齢を理由に採用しないなどといったことがあってはいけません。これは法律違反にあたります。ところが、ある程度の年齢に達していると、面接さえ受けられないことも珍しくないのが実情です。そこで初めから見込みがないところを見極められるなら、かなりの時間の節約になります。

例えば求人広告に「若い人が活躍中」といった宣伝文句があるなら、十代から二十代の後半までと考えておいた方が無難です。「若年層」などとあれば、二十代の前半までが対象になっている可能性が高いです。

中高年でも受かりやすい職業とは

コンビニやファミリーレストラン、ガソリンスタンドなどといった接客業は、慢性的な人手不足なので年齢に関係なく採用されることが多いです。それに人生経験が豊富な人の方がお客さんの扱いに長けていると考えるのが自然ですから、積極的に募集を出している企業もあります。ただし、アルバイトや派遣といった働き方になるケースがほとんどのため、正社員として働くことを希望している人には向きません。

中高年の人向けの正社員の求人なら、営業が良いです。中高年ならすぐに辞めないからなどといった理由から好まれる傾向が強いので、チャレンジしてみる価値はあるでしょう。

CADオペレーターは、簡単に言うとパソコン上で図面を描く人のことをいいます。設計者とコミュニケーションをとり、描き上げます。CADには資格があり、取得することでより信頼を得ることが出来ます。