ワークライフバランス重視!非常勤で働く医師の考え方

ワークライフバランス重視!非常勤で働く医師の考え方

仕事の忙しさを緩和できる非常勤

ワークライフバランスを重視したいという医師から高い人気があるのが非常勤として働く方法です。医師はどの現場で働いていても通常は忙殺されるような日々になってしまってワークライフバランスはワーク側に傾いてしまう傾向があります。ライフの方を優先したいと考えると常勤で働くのは難しいという結論になり、非常勤という道が候補になるのです。非常勤の場合には勤務時間も勤務日も比較的自由度が高くなっています。医師の人材不足の影響によって様々なワークスタイルに合わせた求人が行われるようになっているからです。このような医療業界の事情があるため、自分の望むワークライフバランスを実現できるように求人を選んで非常勤で働くことができます。

スキルアップを考える医師も多い

ワークライフバランスは必ずしもライフを重視したいという意味で使われる言葉とは限りません。医師の中にはもっとワークを重視して仕事に没頭したいという人もいます。このような医師からも非常勤として働くのがよく選ばれているのが現状です。この場合には常勤医師として働くのを辞めるわけではなく、非常勤として働くのを副業とする形になっています。常勤で働いていても休みの日はあるので、その時間を使って非常勤で働き、スキルアップやキャリアアップを目指すという働き方が広がっているのです。特に若くてスキルアップをしたいという医師が、体力があるうちに精一杯の努力をしようと考えて選んでいることが多くなっています。

高齢化率が世界でもトップクラスである我が国では、多くの地域で医師の募集が盛んに行われています。医学部の就職事情は良好です。