介護業界で働きたい!介護の仕事の見つけ方とは?!

介護業界で働きたい!介護の仕事の見つけ方とは?!

介護施設によって変わる仕事内容

一言で介護の仕事と言っても、介護施設によって提供しているサービス内容は異なり、それに応じて現場の介護スタッフの仕事内容も変わってきます。例えば、入居型介護施設で勤務する場合、入居している高齢者に対して24時間体制で介護サービスを提供することになります。そのため現場スタッフは月に数回は夜勤勤務を行う必要が出て来ます。一方、高齢者が日帰りで利用する通所型介護施設や、訪問者の自宅にお邪魔して介護サービスの提供を行う訪問介護の仕事の場合、基本的に現場スタッフの勤務体制に夜勤勤務はありません。また、介護度が重い高齢者が利用する介護施設と、比較的元気でリハビリテーションをメインに行う介護施設でも提供するサービス内容は異なります。まずは自分がどのような形で介護業界の仕事に携わりたいかを決めてから、介護の仕事探しを始めると良いでしょう。

介護の仕事はどこで見つけるの?!

それでは実際に介護の仕事を見つけるには、どこで探せば一番効率が良く、自分の希望に近い職場を見つけることができるのでしょうか。まず、介護求人案件数が最も多いのが、各自治体にあるハローワークです。ハローワークの場合多くの介護求人案件の中から担当者が一緒に探してくれるので、希望条件に近い職場を効率的に探すことができます。次に、インターネットの介護求人情報サイトも介護求人案件数が多く、介護施設のホームページなどの閲覧もできるので職場の雰囲気も伝わってきやすい仕組みになっています。

介護の求人の特徴として、医療分野の求人の中で、高齢者でも応募できることや、特別な資格は不要であることが挙げられます。介護職員初任者研修、介護福祉士の資格があれば、資格手当てが支給される求人もあります。