外資系企業で求められる「語学力以上に重要なスキル」とは?!

外資系企業で求められる「語学力以上に重要なスキル」とは?!

コミュニケーション・スキルは仕事の鍵

語学力を活かして仕事をしてみたい。外資系企業に転職を希望している人は、わりと多いですよね。求人を見つける方法も色々あります。英字新聞の求人欄を利用。また、会社の公式ホームページから直接、応募する人もいます。不安がある時は、安全な人材紹介会社を利用すれば安心できるでしょう。応募する会社の候補を絞ったら、今度は自分を売り込む作戦にポイントを転換。職種を選ぶ時、語学以外のスキルがあると、これは強い味方です。持てるスキルとパーソナリティーを十分に伝える履歴書の作成から始めましょう。面接の時も、堂々と自分をアピールすることが重要。履歴書や面接を「英語のテスト」と勘違いしてしまっては、勝ちめはありません。相手が望んでいるのは、コミュニケーション能力。人の話に真摯に耳を傾け、自分を十分に表現すること。これは、英語の発音が良いとか悪いとか、そんなレベルの話ではありません。個人の考えや感じ方を堂々と伝えることが一番大切。コミュニケーション・スキルなくして、外資系企業職探しの「始めの一歩」はありえません。

入社してからでも間に合う!?キャリアアップ

外資系企業への入社が決まれば一安心。英語力の事を心配しすぎるのは逆効果です。ビビることなく笑顔で明るく出社してください。前向きに仕事を学ぶ姿勢があれば、周囲の大歓迎も間違いなし。英語のメールやレターを書く時は、幾種かのパターンがあるので心配はいりません。前に向かって仕事をしながら一歩一歩、地道に続けるキャリアアップ。この積み重ねが次ぎの扉を開けてくれます。背伸びは禁物。あるがままの自分を正直に表現し、相手に伝えるに十分なコミュニケーション能力。これがあなたを支える仕事のスキルです。

英語の転職を目指すなら、英検やTOEIC等の公式の英語検定試験で高いスコアを持っていると有利です。将来の転職に備えて、日ごろから勉強して資格試験を受験しておくといいでしょう。