新しい気持ちで生活始めるなら寮付きの仕事が一番

新しい気持ちで生活始めるなら寮付きの仕事が一番

住む場所を自分で探す必要がない

今まで住んだことのない土地で就職する場合には、物件探しをする必要がありますが、住み込みの仕事の場合には住む場所を自分で探す必要はありません、スーツケース一つで到着してもきちんと居住スペースが確保されているので、入社したその日から入室が可能です。寮のタイプは複数人が居住するタイプのものと、一人部屋などがありますが、現在では寮は一人部屋が主流になっていますからきちんとプライベートな空間を確保できます。

仕事場から近い所にある

社員寮というのは大抵職場から徒歩圏内にあるので、通勤時間をかける必要がなくなります。特に工場勤務の場合や肉体労働の仕事をする場合には通勤時間がネックになることも多いですが、通勤時間がゼロあるいは数分ですので、疲れていてもすぐに自分の部屋に戻ることが出来るのです。

食事がきちんと提供される

寮が確保されている企業で働くと、当然そこの寮で働いている時間以外を過ごすことになります。自炊できる設備が室内あるいは共同部分にある場合がほとんどですが料理が苦手な方や作るのが面倒な方は、朝食や夕食などを寮母さんに作ってもらうという選択肢もあります。給料から天引きされる形となりますが、社員割引なので格安で栄養バランスがしっかりと取れている食事が食べられます。きちんとした食事が食べらられればその分仕事にも気合が入っていきますから、日々のモチベーションもかなり高まります。寮に住むことでしっかりと腰をすえてその地域で働くことができるのです。

寮の求人広告には社員寮や学生寮からの募集が目立ちます。学生寮や下宿の寮婦の仕事内容は、食事の世話が中心でしょう。労働時間も朝から晩までなので1人で切り盛りするのは大変な仕事だと思われます。